中国が南シナ海の抑制権利を主張していたときに対し
フィリピンがインターナショナル調停司法に話していたのですが、
そのインターナショナル調停司法の下した確立は
中国横の解釈を完全に否定するグッズでした。
「中国が南シナ海歴史的な自由を主張する法的な根拠がない」
という会得が、訴えのあった全域において下されたのです。

なおインターナショナル調停司法の確立には無理強い勢力というものがあります。
つまりこれにより、中国は主張していた海域の運行のフリー、
資金なんぞをそのままゴッソリなくしてしまった事になるのです。
予め奴らのものでないものを「なくした」というのもおかしいですが。

一旦、そもそもこんな事で引き下がるような国であれば
本国の周りにあるほぼすべての国どころか
アフリカなんてまで侵略的推進はしないですから、
これからの中国の動向には増々注意が必要になることでしょう。

近年の中国に関する国際的な扇動の高まりをセンシティブに察してなのか
日本の領空・領海侵犯も今までに無い頻度で
頻繁に行うようになっていますからね。
そうして今の日本の構造や法保守では、
それを排除するという当然も満足に出来ません。

判決は判決でよろしいとして、それに唯々諾々って従うようなヒューマン
ばっかりじゃないですからね・・・奴も、国も。
交通事故なら堺市の弁護士に相談